フィルムカメラ

最近、フィルムにハマっている私が感じたこと。

 

こんにちは!物欲マシンのリな(@aremorina)です!

前回の記事では、テンション上がりまくってすごい勢いのある記事になってしまったことを反省しております…
今日は、静かに。静かにお話をいたします。

 

最近、私がめちゃくちゃハマっているのがフィルムカメラなんですが…

これが想像通りに楽しいんです!

どんなふうに撮れるのか楽しみだし、やっぱりみんな大好きフィルムの味があるし、現像から返ってきたときのワクワク感と言ったらもう…!

ということで、今日はフィルムカメラのお話。

 

フィルムカメラとの出会い

SNSで見かける写真がとても綺麗で、その空間を切り取ったような写真でした。

タグを見てみると、#film の文字。

デジタルは解像度が高くて、鮮やかなのに比べ、フィルムは空気感が伝わるような写真が撮れるのだと知りました。

それから何の知識もないまま、物欲が強いわたしは即某フリマアプリで状態の良さそうなもの購入。

しかし購入後、届くまでフィルムの入れ方を動画で見たり、露出計が動く動かないがあって…とかもう分けわかんない…

結局、一度はフィルムを入れて撮りましたが、駄作ばかりでカメラはインテリアに…という残念な状況でした。

 

PENTAX SP2というカメラでもう一度

私が最近よく使用しているカメラは、PENTAX SP2。

これがフリマアプリで購入した子。

非常に見た目が綺麗。かっこいい。重さがまた満足感を与えてくれた。

動きはたまにミラーが上がりっぱなしになってしまうところがありますが、それさえも「古いのに頑張ってくれているんだな」と愛しくなるカメラです。

よく「国民的カメラ」とも言われていますね。

それぐらい人気でよく出回っていたカメラ。

 

他にも、OlympusのO-M1、ハーフカメラのEE-3、コンパクトカメラのμを持っていますが、まずは1台を使い慣れようと今はSPで撮っています。

(なかなか上手く撮れないのをカメラのせいにする典型的な例ですね!良くない!)

 

 

フィルムで上手く撮れないもどかしさ。

上にも書いたように、私は本当にへたくそだった。

真っ白に映っていたり、そもそもうまく装着できていなくて、フィルムを無駄にしたこともあった。カメラ屋さんで「写ってないね」と言われたこともあった。(すごい恥ずかしい)

なので、フィルムは諦めてデジタルばかり撮って、レタッチでデジタルをフィルム風に表現していた。

 

ふと、それから2年ほど経った頃。

デジタルでマニュアルの使い方も感覚的には分かってきたし、撮れるんじゃないか?と思ったのをきっかけに去年の秋ごろから撮りだした。

最近、友人と岐阜城に登った時に続きを撮って、帰りに現像に出した。

 

その時の写真がこれだ。しっかり写っていた。

 

 

フィルムは富士の業務用100。

高山で撮ったこの写真たちも、岐阜城から見た景色も写っていた。

 

撮れたことも嬉しいし、色味がたまらなくタイプでニヤニヤが止まらなかった。

「フィルム、めちゃくちゃ楽しいじゃん」

そう思った瞬間だった。

 

フィルムのおかげで、わたしでも「空気感」を切り取れた気分を味わえた。(まだまだだけど)

フィルムにはフィルムの楽しさが確かにあって、それを感じ取れた瞬間だった。

 

最近よく「デジタルでフィルムを表現するより、フィルムを使ってみてください」というのを見かけることが多くて、再び興味を持ったフィルム。

その方たちが言う通りだった。

失敗も多いけど、それさえ愛おしいという気持ちは正直デジタルでは持ちにくい。

でもフィルムは違う。失敗も愛おしいのだ。

 

最近、私が「富士欲しい!」と言わなくなってきたのも、フィルムの影響です。

一番好きな色味はフィルムだと気付いたから。
(だけど、サブ機に検討はしてるよ。へへへ)

正直、フィルムが楽しくてメインをフィルムにしたいと思うことも増えてきたけど、なんせまだ知識も経験も少ない。

 

これから、フィルムもどんどん取り入れていきたいと思っています。

それでは!